脳神経外科・神経内科・循環器内科・麻酔科・リハビリテーション科
0544-23-5155
脳ドックのご案内

脳ドックで脳卒中を予防しよう

脳の病気の危険因子を発見し、
早期対応で脳卒中などの予防を目的とした脳ドックは、
1988年札幌の脳外科病院で「脳の人間ドック」として始められまし た。

最初はMRIによる血管造影(MRA)は、
未だ出来なかったためカテーテルが使われました。
体に侵襲を与えてまで血管造影が行われたのは、
破裂する前に 脳動脈瘤を発見するためです。
それは動脈瘤が破裂して起こるくも膜下出血の恐ろしさ(50%の死亡)を脳外科医は、
何とか予防したいと考えたからです。
理事長 齋藤 勇
前日本脳ドック学会理事長
90年代に入り、MRAが可能になり脳ドックは急速に普及しました。
受診者には、MRIによる脳梗塞と脳の萎縮の診断、MRAによる未破裂脳動脈瘤の発見、
血圧、心電図、血液検査、様々な認知症診断などで脳疾患の危険因子を診断します。
受診後の指導も重要です。

脳卒中危険因子として、
(1)高血圧、(2)糖尿病、(3)高脂血症、(4)心房細動、(5)肥満、(6)喫煙、(7)飲酒、(8)運動不足
が挙げられます。

無症候性脳梗塞(隠れ脳梗塞)が発見された場合、上記の危険因子への対応が特に重要となります。

未破裂脳動脈瘤が見つかった場合、
その大きさ、形、場所、年齢などを勘案して治療(手術、あるいはカテーテルによる治療)の必要性を慎重に検討します。
現状では治療が必要なしと判断された場合は、最初は6か月後、その後は年1回、画像診断を行い、
その大きさの変化を追跡、禁煙と高血圧治療を徹底します。

日本脳ドック学会は、脳ドックが新しい予防医学の分野として正しい進歩を遂げることを目的に、
1997年に「脳ドックガイドライン」を作成、2003年に改訂(ネットで閲覧可)しましたが、
本年(2008)10月さらに改訂致しました。

中高年者で家族暦、高血圧、肥満その他の危険因子を有する人に受診をお勧めしたいと思います。
親兄弟にくも膜下出血の人がいる方は、無い人に比し5倍程 度、未破裂脳動脈瘤が発見されています。
脳ドックでは受診者の3%程に未破裂動脈瘤、10%に脳梗塞が見つかりますので、
受診前にそのような可能性を理解 し、発見されたら「予防するのだ」と前向きに捉えてほしいと思います。

我々の病院で受診された方への調査では、60歳以上の方200名の方を5年以上追跡した結果、
脳卒中になられた方は僅か2名にとどまっています。

脳ドック受診を契機に脳卒中予防への関心と意識が向上し、健康に一層留意された結果とも考えられます。
「脳ドックを受診されると脳卒中にならない!?」、「脳ドック」へどうぞ。
MRI予約